AMAGATSU / 上田義彦 (Yoshihiko Ueda)
5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70 5c94aba6a71db7524e8b3f70

AMAGATSU / 上田義彦 (Yoshihiko Ueda)

¥11,000 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be AMAGATSU 上田義彦 (Yoshihiko Ueda) 上田さんは本当に写真集をよく見ているなと思います。 1980年代、上田さんが28、29歳の時です。技術的な力や、表現力、それらに対する自信もようやく持ち始めていた時に、メープルソープが撮影した肉体美に衝撃を覚え、一気に自分の写真を見失ったそうです。 1990年代、舞台の公演ポスターの撮影を依頼され天児牛大氏と初めて出会いました。撮影をしていくうちに、これは自分が撮らなければいけないと以後3年かけて撮影したのが本書となります。 メープルソープが撮影したのは、ミケランジェロやダヴィデ像のような西洋的な肉体美に対して、上田さんが撮影したのは仏像などの東洋的な美。そこに肉体の「美」と一緒に、舞い踊る「美」の美しさもかけ合わさっているのです。 黒い背景に全身を白く塗られた被写体との空間表現。上野の国立科学博物館で開催された縄文人展でも同じ手法で白い骨を美しく表現されていました。この表現はここからだったのですね。 指先から足の先までを使って表現する舞踊の被写体に、写真家としての表現をぶつけ合っている力強い写真集です。 ぜひ、メープルソープと比較しながら見て欲しい1冊です。 出版社:光琳社 刊行年:1995年 サイズ: 36x27cm 重さ:2858g 梱包後:3008g ページ:142pp 言語:日本語、英語 状態:初版、ハードがバー、函付、帯欠、布装 title:AMAGATSU publisher:光琳社 publication Date:1995 size: 36x27cm Shipping Weight: pages:142pp language:Japanese, English condition:First edition, Used-hardcover with a case, cloth.