Yoshimura Akira Works / 吉村朗 (Akira Yoshimura)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Yoshimura Akira Works / 吉村朗 (Akira Yoshimura)

残り1点

¥5,500 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Yoshimura Akira Works / 吉村朗 (Akira Yoshimura) 吉村朗(1959-2012)の死後、遺された作品や資料をもとにまとめられた作品集。 日本帝国時代の軍事的痕跡を捉えるという姿勢を貫き通し、様々な視点から多くの作品を残してきた吉村さん。 本書には、北朝鮮と韓国の軍事境界線をテーマにした「分水嶺」(1995年)、韓国・ソウルの西大門独立公園にある刑務所の内部を捉えた「闇の呼ぶ声」(1996年)、過去のモノクロ作品と初めてのカラー作品を組み合わせた「新物語」(2000年)、自身の家系の歴史ともつながっていく「ジェノグラム」(2001年)といった代表作が再構成されて収録されております。 また、吉村さんが生前にCD-Rにてまとめていたという「Akira Yoshimura」と題された未発表の作品を誌面に再現されており、最後の最後まで作品と向き合っていたことが分かります。 巻末には、美術評論家の深川雅文による28pにも及ぶ解説が掲載されており、展覧会のDMや展示風景の写真などの資料と合わせて読むことができます。 その他、作品データ、展覧会、掲載・著書・コレクション、略歴も掲載されており、吉村さんの作家としての歩みを知ることができる資料性の高い内容です。 吉村さんの作品をここまでまとめた作品集は本書以上に今後出てこないかもしれないと思うほど、ボリュームある1冊となっております。 ただのスナップ写真というわけではなく、大きなテーマを追う姿勢においても勉強になる吉村さんの情熱を是非感じてみてください。 出版社: 大隅書店 刊行年:2014年 サイズ: 30 x 26 cm 重さ:2122g 梱包後:2300g ページ:320pp 言語:日本語、英語、ドイツ語、フランス語 状態:初版、ハードカバー、筒函付、布装、函角アタリ有 title:Yoshimura Akira Works publisher:ohsumishoten publication Date:2014 size:30x26 cm Shipping Weight: 2300g pages:320pp language:Japanese, English, German, French condition:First edition, Used-Hardcover, slipcase, cloth. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq