[新刊] COLAZIONE SULL'ERBA / Luigi Ghirri (ルイジ・ギッリ)
5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576 5ce784c748d1274820819576

[新刊] COLAZIONE SULL'ERBA / Luigi Ghirri (ルイジ・ギッリ)

¥6,480 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [新刊] COLAZIONE SULL'ERBA Luigi Ghirri (ルイジ・ギッリ) 美術の世界が「カラー写真」を認めた時代、ニューカラー時代と言ったら真っ先に出てくるのは、アメリカの写真家・William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)やStephen Shore(スティーブン・ショア)でしょうか。 彼らと並んで、イタリアの写真家・Luigi Ghirri(ルイジ・ギッリ)は、カラー写真の良さを広める1人になった人物です。 ギッリの色はイタリアの大地に降り注ぐ太陽の色。 エグルストンやショアはアメリカの大地に降り注ぐ太陽の色。 やはり、その土地で降り注ぐ光は違うのですね。 彼らの写真は、同じ時代のカラー写真でも明らかに違います。 ギッリは「写真講義」でも、撮る時間帯の話しをしていましたが、ギッリの写真の特徴でもある淡いトーンの低コントラストの写真は、降り注ぐ光の強さをしっかり見極めていた証拠かと。 1970年からイタリアのエミリア=ロマーニャ州にある都市モデナで暮らし始めたギッリは、家の周りや広場、時には郊外まで徘徊し撮影していました。 ギッリはキャリアとなる最初のシリーズ、Atlante(1973)と同時に1972年から1974年の間に本書の作品も撮影していました。 同じ形に切り揃えられた木々、自然な成長での形では無く、人の手で揃えられてしまった自然たち。人工物と自然の接点。 皮肉めいた視点でそれらを撮影しています。 日々、街に繰り出しては日常を撮影している人にとっては、とても理解出来る1冊になるのかと思われます。 出版社:MARK 刊行年:2019年 サイズ:20 x 27 cm 重さ:770g 梱包後:920g ページ:176pp 言語:英語 状態:初版、ソフトカバー title:COLAZIONE SULL'ERBA publisher:MARK publication Date:2019 size: 20 x 27 cm Shipping Weight: 920g pages:176pp language:German / English / French condition:First Edition, New-Softcover.