[サイン入/ Signed] WOrld’s End -写真はいつも世界の終わりを続ける- / 高橋恭司( Kyoji Takahashi )
5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e 5d6c8250e4fc3905ff780a7e

[サイン入/ Signed] WOrld’s End -写真はいつも世界の終わりを続ける- / 高橋恭司( Kyoji Takahashi )

残り1点

¥4,400 税込

送料についてはこちら

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be [サイン入/ Signed] WOrld’s End 写真はいつも世界の終わりを続ける 高橋恭司( Kyoji Takahashi ) 1992年のイギリス・ダンジェネスと、2010年代後半のベルリン、ロンドン、東京郊外の姿が、時間と空間を超えて交錯する写真集。 髙橋恭司が、映画監督 デレク・ジャーマンの庭のあるダンジェネスを訪れてから約30年の時を経て刊行となりました。髙橋の目に映った「世界の果て(エッジ)」と世界の終わりがつづく現在の世界を写真だけでなく、デレク・ジャーマン、髙橋恭司の言葉と合わせて感じることのできる一冊です。 映画監督のデレク・ジャーマンは、1986年にHIV感染の宣告を受けたことをきっかけに、イギリス南部の原子力発電所のある町、ダンジェネスに移り住む。 打ち捨てられた小屋《プロスペクト・コテージ》を住まいにし、庭には、草花だけでなく、流木、腐った鉄など、海岸で拾い集められた漂流物を用いた造形を施した。 写真家・髙橋恭司は、ジャーマンが亡くなる直前の1992年にダンジェネスを訪れる。 「そこは世界の終わりのような場所だった。同時に、そこには全てがあった」と、写真家は語る。 「写真はいつも世界の終わりを続ける。」 映像と写真の世紀にジャーマンが遺したものへの返答が、ここにある。 出版社:Blue Sheep 刊行年:2019 サイズ:280mm×225mm 重さ: 941g 梱包後:1100g ページ:カラー写真図版134点 言語:日本語・英語 状態:新刊・ソフトカバー、サイン付 title:WOrld’s End publisher:Blue Sheep publication Date:2019 size:280mm×225mm Shipping Weight:1100g pages:134 color images language:Japanese,English condition:First edition, Softcover /////発送日に関して///// 配送のご依頼を受けてから当店営業日5日以内に発送いたします。 営業日の正午15時までに決済が確定した場合につきましては当日中にご注文商品を出荷することが可能です。 但し、毎週火曜日と水曜日は定休日となりますので、火曜日と水曜日は発送出来ませんので予めご了承下さい。 /////送料に関して///// ゆうぱっく 全国一律 ¥500 詳細は各商品ページにてご確認下さい。 合計金額¥20000以上ご購入のお客様には送料をサービスさせて頂きます。 /////お支払い方法に関して///// クレジットカード・銀行振込・代金引換・コンビニ決済・キャリア決済・paypalによるお支払いがご利用頂けます。