FOTOGRAFIE + FILM 1949-1990 / Ed van der Elsken (エド・ファン・デル・エルスケン)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

FOTOGRAFIE + FILM 1949-1990 / Ed van der Elsken (エド・ファン・デル・エルスケン)

¥5,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be FOTOGRAFIE + FILM 1949-1990 / Ed van der Elsken (エド・ファン・デル・エルスケン) ストリートに放ったら大変な人。それがエルスケン。 彼の40年を時系列に辿ってくれているのが本書です。 アムステルダムの写真家・エルスケンは、1949年にマグナムの暗室仕事を得たのがキッカケでフランスに移住してきます。暗室仕事を辞めてからもフランスに残り、文化の中心地として芸術家たちを魅了したサン・ジェルマン・デ・プレをたむろする若者たちを撮影していました。 その若者の中の1人の女性を中心とした作品集「セーヌ左岸の恋」が日本でも発売されるほど人気となり、彼は一躍有名人となります。 誇り高く、妥協を嫌い、真の個人主義の「一匹狼タイプ」だった彼なので、商業主義の写真に反発し、VOGUEなどから仕事の依頼が来ましたが「黒人モデルを使わせてくれるなら撮る。」などと言って蹴っていました。 彼は、キラキラとした広告写真や商業写真には目もくれず、とにかく行き交う人々、生きる人々を撮る事に情熱を燃やしていたので、世界各国を旅しながら街を観察し、被写体を見つけては真っ正面から撮り続けました。 本書には、そんな「セーヌ左岸の恋」はもちろんのこと、日本を始めネパールなどのアジア諸国、パリにオランダの写真が入っています。なんと言っても本書の冒頭にカラー写真が入っており、エルスケンのカラー写真が掲載されている写真集は少ないのでとても貴重です。 力強いストリートスナップを撮影するエルスケン。 エルスケンの写真は後のストリートスナッパーたちの見本となり、Larry ClarkやNan Golding、Wolfgang Tillmansなどと言った人たちに影響を与えました。 モノクロでストリートを撮影している人は絶対に見てほしい人です。 出版社:kunst 刊行年:1940年 サイズ:29.5x24cm 重さ: 1105g 梱包後:1255g ページ:192pp 言語:ドイツ語 状態:古書、ソフトカバー、表紙角折れ有 title: FOTOGRAFIE + FILM 1949-1990 publisher:kunst publication Date:1940 size:29.5x24cm Shipping Weight:1255g pages:192pp language:ドイツ語 condition:First Edition, Used-Good, Softcover. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq