ICP Library of Photographers Lewis W. Hine / Lewis W. Hine (ルイス・ハイン)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

ICP Library of Photographers Lewis W. Hine / Lewis W. Hine (ルイス・ハイン)

¥3,300 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be ICP Library of Photographers Lewis W. Hine / Lewis W. Hine (ルイス・ハイン) 1冊につき1人を紹介する「ICP Library of Photographers」シリーズでアメリカの写真家ルイス・ハイン(1874-1940)を紐解くような構成になっている本書。 ルイス・ハインは、アメリカで重要な写真家の1人と言われているウォーカー・エバンス(1903-1975)より古い写真家であり、アメリカの社会的な写真を撮る写真家としはエヴァンスと並んで重要な人物です。 彼は社会をどうにかしようと写真を撮っていた訳ではなく、内容的にはセバスチャン・サルガドのように働く人々を撮影していますが、どれだけ大変な環境下なのか、どれだけ大変な仕事なのか、という写真ではなく、その時代の人々の仕事も日常にも敬意を表しているかのように、被写体ぞれぞれの豊かさに微笑みを隠せなくなる作品ばかりです。 顔を煤だらけにしながら炭鉱なのかレールの上に何十人もの男性がこちらを見て集団写真のように撮られている写真に映る被写体たちの顔はとても凛々しく、「俺たちかっこいいだろ?」と今にも言いそうな表情です。 「可愛らしい!」と思う子どもも、よく見たら背景は製糸工場のような仕事場で、その表情は母親を探すような幼い顔でもなく、仕事場を紹介しているような仕事をしている自分を紹介するような、大人と変わらないたくましい表情です。 そして、まだ首が座ってない赤子から何人もの子どもをかかえて、調度品など1つもなく豊かとは思えない家のリビングで撮られた母親の写真。母親の凛としながら、力強く微笑む表情からは日々の大変さなど微塵たりとも感じません。 どのような環境下の男性であっても、子どもであっても、主婦であっても、被写体に対して関係性を変えず、ただただ被写体1人1人に真髄に向き合って、彼らそれぞれの日々の豊かさを写真家自らも大切にしているのが写真から伝わってきます。 仕事と人を紹介するような写真を撮っている人、日常を撮っている人には絶対に見てほしい1冊です。 写真それぞれに、どこで何年に撮影し、どのような人なのか英語でキャプションがあるので、深く深く被写体にのめり込んで行ける本書は、手を大きく広げた幅でipadより高さがないようなサイズ感なので、持ち運びも収納もしやすいです。 ページに経年ヤケが見受けられますが、写真を鑑賞するのは問題ございません。 出版社:Grossman Publishers 刊行年:1974年 サイズ:22.4x19.4cm 重さ:405g 梱包後:555g ページ:84pp 言語:英語 状態:古書、初版、ハードカバー、カバー付、カバーヤケ・折レ・ページヤケ、スタンプ跡有 title:ICP Library of Photographers Dan Weiner publisher:Grossman Publishers publication Date:1974 size:22.4x19.4cm Shipping Weight:555g pages:84pp language:English condition:Used-Hardcover with DJ. Cloth, Sunned, Stamped, Fold. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq