A Place of Dreams: Houston, an American City / Geoff Winningham(ジェフ・ウィニンガム)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

A Place of Dreams: Houston, an American City / Geoff Winningham(ジェフ・ウィニンガム)

¥4,400 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be A Place of Dreams: Houston, an American City Geoff Winningham(ジェフ・ウィニンガム) アメリカの写真家Geoff Winningham(ジェフ・ウィニンガム)。 彼は、映画監督としてショートムービーを制作している他、エスクァイアを初め雑誌でも活躍し、ジャーナリストとしても活躍している写真家さんです。 最初の写真集はモノクロ35mmでプロレス会場をGerry Winograndのように撮影した「Friday night in the Coliseum」が有名です。 本書はそんな彼が、1961年から住み始めたヒューストンを1980年代にカラーフィルムで撮影した作品がまとめられています。 ルイジ・ギッリからのウィリアム・エグルストンやスティーブン・ショアなどのニューカラーと言われる写真が始まった1970年代。 そして、1968年から1980年に撮影した写真をまとめたJoel Sternfeldの『Wild Flower』。 本書はまさしく『Wild Flower』のようではあるのですが、ジャーナリストの彼らしくヒューストンの内側を捉えているように思います。 都会のビル群の手前にボロボロだけども趣きがある木造の一軒家とその住人。地上から恐ろしい程の高さで作業をする、高層ビルを建設している人々、出勤途中のスーツ姿の群衆、週末の釣りやパーティー、有名な大きなバルーンが列をなすパレード、バスケ、アメフト、バレエ、演劇と言った、どのような住人がいて、どのような仕事をしていて、週末はどのように過ごし、どのような娯楽があってと続いていくかのように構成されています。 ヒューストンに住んでいるからこその内側の捉えかたでもありますが、臨場感ある写真は、モノクロ時代の写真と同じくさすがだなとしか言いようがありません。 カラーの写真になって優しい時間帯の表現もあり、1日の時間の流れや、1週間の流れ、その街に住む人々の豊かさを垣間見れるような気分になります。 街をどう捉えるのか、とても参考になる1冊だと思います。 写真ページではない、表紙をめくった見開きの遊び紙が折れてしまっており、カバーに若干の痛みがありますが、中の作品を鑑賞するには問題ございません。 出版社:Rice University Press 刊行年:1986年 サイズ:24.8x31.8 cm ページ:192pp 言語:英語 状態:古書、初版、ハードカバー、カバー付き、カバー痛み、見返し折れ有 title:A Place of Dreams: Houston, an American City publisher: Rice University Press publication Date:1997 size:24.8x31.8 cm pages:192pp language:English condition:Used-Hardcover with DJ. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq