木村伊兵衛パリ / 木村伊兵衛(Ihei Kimura)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

木村伊兵衛パリ / 木村伊兵衛(Ihei Kimura)

¥27,500 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 木村伊兵衛パリ / 木村伊兵衛(Ihei Kimura) 写真の神様と言われているブレッソンやドアノー 、イジスなどの本書の撮影当時には既に存在していたフランス写真家たちのモノクロ写真を見続けていた時に、出会ったのが本書でした。 上記にあげた偉人たちの世界をカラーで見ているかのような錯覚を起こしてなんだか夢見心地な気分になる本書。 それはそうです。だって!だって!木村さんはフランスに訪れた際にブレッソンさんに会えて一緒に撮影散歩してたのですから! そして、ブレッソンさんからドアノー さんを紹介され、ドアノー さんが後日パリを案内してくれるんです! ブレッソンさんに、ドアノー さんに、木村さん。 夢見心地になるに決まっています!! 木村さんがブレッソンさんに会うまでの心境など、とても面白い日記が本書の最後のページに記載されていますので、夢の日々は本書で熟読してみて下さい。 その他にも夢見心地な気分になれるのは、フィルムの色のせいでもあるかと思われます。 50年代のパリをカラー写真で見れるのは大変貴重な事で、木村さんはコダック社のフィルムと富士フィルムを持って行っていたそうですが、自分が思い描いていたパリの風景に近い柔らかいパステルカラーで撮れる、富士フィルムで撮影していたそうです。 ソール・ライターの写真を見ても思いましたが、色の淡さこれはフィルムのなせる技なのですね。 ブレッソンやドアノー の世界が好きな人には必見な写真集であり、 明るく、やわらかいスナップが好きな方には絶対おすすめしたい1冊です! スナップ撮っている人は必読過ぎる1冊なので、まずはこれを見てスナップとはを考えてみる機会にもしてもらいたいです。 帯が切れておりますので、少し安くしました。 ですが、めちゃくちゃ美本の本です。 出版社:朝日新聞社 刊行年:2006年 サイズ:31.5×23.5cm 重さ:2094g 梱包後:2250g ページ:288pp(写真点数=カラー174点) 言語:日本語 状態:古書、初版、ハードカバー、カバー・函付、帯切レ、美本 title:Beyond the Senses / Bishin Jumonji publisher:kyuryudo publication Date:2007 size:24x18cm Shipping Weight:1350g pages:519pp 272 images.color photography language:Japanese condition:First Edition.Used-Like New,Softcover with dj and wrappingband. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq