[新刊/NEW] I Guess Everything Reminds You of Something / 駒﨑 崇彰(Takaaki Komazaki)
original
5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f 5f530c248093395e7539ea7f

[新刊/NEW] I Guess Everything Reminds You of Something / 駒﨑 崇彰(Takaaki Komazaki)

¥1,870 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be I Guess Everything Reminds You of Something 駒﨑 崇彰(Takaaki Komazaki) ページをめくって写真を見始めた時 「"写真"としっかり向き合って来た人なんだな。」 と、思った。 "写真"とは。 この答えは多種多様に存在し、各々の存在価値によって色が変わってくるのだと思います。 どれくらい"写真"と向き合って、 どれくらいの"時間"をかけて悩み抜いて、 どれくらいの"挫折"を味わって どれくらいの"感動"を その写真家はその目で見てきたのだろうか。 この写真を見て、2020年を生きる1人の「写真論」だと思いました。 フィルムやデジタル、スナップだ、ドキュメンタリーだ。 などと行った、カテゴリーに別れる前の"写真"とも言うべきかもしれません。こんなにフラットな1冊久々です。 本書のタイトルは、ヘミングウェイの短編小説の題名を引用しているそうで、和訳すると『何を見ても何かを思い出す』だそうです。 写真家の記憶の「鍵」が、誰かの「鍵」になるかもしれない。 誰かにとって見過ごした景色だったかもしれず 誰かにとっては原風景を思い起こさせる景色かもしれない。 "写真”とは。 *** 最初、3000円くらいかなと思っていたら、まさかの1870円。 大声で言わせて欲しい。 「自分の作品の価値を見誤りっている!」 今からでも3000円にしたら?と本気で思っている。 私はこの1冊に3000円はお支払いしたい。 出版社:自費出版 刊行年:2020年 サイズ:25.5×25.5cm ページ:40pp 言語:日本語 状態:新刊、ソフトカバー、50部限定 title:I Guess Everything Reminds You of Something publisher:Self Publishing publication Date:2020 size:25.5×25.5cm pages:40pp language:Japanese condition:NEW,Softcover,limited edition of 50 copies ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq