ケータイと鏡 1996-2004 / 内野雅文(Masafumi Uchino)
5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46 5fc9e27bdf5159085ced1b46

ケータイと鏡 1996-2004 / 内野雅文(Masafumi Uchino)

¥6,600 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be ケータイと鏡 1996-2004 / 内野雅文(Masafumi Uchino) 2008年に34歳という若さでお亡くなりになった内野雅文さん初の写真集です。日本各地を自らの足で歩きスナップし続けた本書を見ていると、ストリートスナップにおける人の重要性が理解出来ます。 服やメイク、携帯で時代が解り、その時代の思想や治安すらたった1枚の1瞬で見えてきてしまいます。携帯を使用している人、今ではあまり見かけなくなった電車で化粧をしている人。その時代を象徴するような時代の象徴物だったのだなと思います。 そんな時代を象徴する止まってくれない何かにしっかり目を向けているスナッパーたちの一瞬を見抜く能力のレベルの高さに驚きを隠せません。 街を世間を、そして人をしっかり見ているのがスナッパーなんですね。 出版社:in feild 刊行年:2004年 サイズ:23 x19.2 cm ページ:46pp 言語:日本語 状態:古書、初版、ソフトカバー、プラカバー付 title:Mobile & Mirror 1996-2004 publisher:in feild publication Date:2004 size:23 x19.2 cm pages:46pp language:Japanese condition:Used-Good, Softcover with plastic jacket. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq