SUBSCRIPTION SERIES #6 / Guido Guidi, Jason Fulford, Gregory Halpern, Viviane Sassen
original
60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663 60540a4fa11abc7be1496663

SUBSCRIPTION SERIES #6 / Guido Guidi, Jason Fulford, Gregory Halpern, Viviane Sassen

残り1点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be SUBSCRIPTION SERIES #6 Guido Guidi, Jason Fulford, Gregory Halpern, Viviane Sassen 大興奮なこいつが入荷したわーーー! *** アメリカ・オークランドを拠点とするインディペンデント出版社「TBW BOOKS」が4人の写真家をキュレーションし、同じフォーマットで1作家1冊ずるの4冊揃いで1セットにまとめている「Subscription Series」。 毎回、歴史的にとても有名な作家さん1人が絶対入っていて、今回は「Viviane Sassen」が(ヒューヒュー!)! その他にはイタリア・チェゼーナ出身のグイド・グイディ(Guido Guidi)やアメリカ出身のジェイソン・フルフォード(Jason Fulford)、グレゴリー・ハルパーン(Gregory Halpern)、オランダ出身のヴィヴィアン・サッセン(Viviane Sassen)という、それぞれの未発表で構成されているのです! 色の使い方が絶妙な3人に対して、1人だけモノクロのGuido Guidi、何かテーマがあるのかなーっと思いましたが、今回はとにかく「眩しさ」かなと思いました。光の眩しさ、日食という眩しさ、色の眩しさ。 時間の流れ、光は自然現象、その自然現象の曖昧さ、バラバラに見える作品たちですが、4冊続けて見ていても何の違和感も無く、1冊の写真集になっていても問題が無いようなセットなのです。 Viviane Sassenを目当てに見てみたけども「こっちの人の方が好きかも。」なんて思ってしまったりするので、好きなジャンルを開拓させて貰えます。出会わずして出会わされた感といいますか、こんな人もいたんだーっと新たな発見ばかりです。 最初は税込で19800円か...と悩みましたが、読み終わった後の幸福感と内容の濃さに「安!」と思ってしまいました。ハードカバーで1冊4500円は安い! 読み終わった後に「自分の好きなジャンルで、自分の好きな4人です。」と言いたくなるこのセット。 誰かへのプレゼントにも、自分のプレゼントにも、後悔しないセットです。 *** グイド・グイディ「DIETRO CASA」 どこか奇妙な雰囲気と遊び心に溢れたグイド・グイディのヴィジュアルジャーナル。本作は、取り立てて見るところのない小石の山のイメージで幕を開ける。1980年代のイタリアという過ぎし日々を彷彿とさせる本作において、この小石の山は物語のペースを決めるメトロノームの役割を持つだけでなく、かの偉大なウォーカー・エバンス(Walker Evans)へのオマージュにもなっている。猫が道を横切り、なんとなしに心惹かれる家の裏(Dietro Casa)という空間を友達同士で探検し、我々の視界を越えて多重露光のような幻が現れ、少女がこの本の見せる優しい夢から目を覚ます。その流れの中で、小石の山の姿やサイズは少しづつ変化していく。自由自在にカメラを操る作者の優れた技量が、写真にパフォーマンスと映画の要素を付け加え、極めて優美な舞台を作り上げている。またこの舞台をベースに花開いて続く3冊の本のトーンも、本書で見事に設定されている。 ジェイソン・フルフォード「CLAYTON'S ASCENT」 ジェイソン・フルフォードらしい独特のユーモアが光る、示唆に富んだシークエンスとレイアウトの使い方が秀逸な本書は、1冊目のグイド・グイディによる『DIETRO CASA』の魅力をさらに引き立てる。1997年から2003年にかけてアメリカをバイクで旅しながら撮影した写真は、謎めいた予兆に満ちた鮮やかな飽和色で塗りこめられ、現実に存在するものと人の手で作りだされたものとの間に曖昧な境界線を引く。1835年に実施され歴史にその名を残した9時間の気球の旅から名付けられた本書において、作者は「観察者」と「主人公」という2足の草鞋を履いている。美しくも荒々しさが残るアメリカの風景から屋内競技場の観覧席の最上段へ、視点はシーンからシーンへと移りゆく。最後に我々は天を仰いで空に上昇し、遠ざかっていく地球に雲の上から別れを告げる。 グレゴリー・ハルパーン「CONFEDERATE MOONS」 アメリカ本土を太平洋側から大西洋側まで縦断するルートを通った2017年8月21日の皆既日食は「The Great American Eclipse」と呼ばれ、全米を熱狂させた。この非常に珍しいつかの間のイベントを撮影するにあたり作者は、ノースカロライナ州とサウスカロライナ州をその舞台に選択。前回、アメリカ全土を横断する皆既日食が発生したのは1918年7月8日だった。この天体の偶然が生み出したドラマと、そのすぐ前後に起きた人生における重大な出来事がどのように交差しているのか作者の興味は傾いていた。本書アイデアが皆既日食から来たことは疑いようもないが、その結果として生まれた本作は、最終的にアメリカの現状や何が我々を引き裂き、あるいは1つにまとまっていくのかという考察に転じている。 「アメリカ中の人々が一斉に太陽を見つめ、一時的とは言え月が全ての生命の源を完全にかき消す様子を見つめるという、終末的なスリルに皆酔いしれている。私はそんな考えに魅了された。」-グレゴリー・ハルパーン ヴィヴィアン・サッセン「HELIOTROPE」 本書内のイメージを通じて、ヴィヴィアン・サッセンは直近の旅で訪れたエチオピア、モロッコ、モザンビーク、セネガル、そして南アフリカ共和国で撮影した写真を如何に作品にし編集するか新しい方法を模索した。本書は作者の過去の作品とは全く違う新しい方向性を見せており、同時にまだ幼子に過ぎない写真という媒体が無限の技術的な可能性に満ちているということを示唆している。 「撮影したイメージ群、そして世界に対する自分自身の見方をひっくり返すことを目指しました。慣れ親しんだ光景を再検討・再解釈し、今までにない理解を得るために、色や図形の形をツールとして使いました。ありふれたつまらないものと不可思議で魅力的なものが1つに混ざり合う。このシリーズは、物理的であれ比喩的であれまだ見ぬ領域を探求したいという衝動に突き動かされて作り上げました。」-ヴィヴィアン・サッセン *** 出版社:TBW BOOKS 刊行年:2018年 サイズ:22.2x27.9 cm ページ:各44pp 言語:英語 状態:新刊、限定1000部、ハードカバー、布装、4冊揃 title:SUBSCRIPTION SERIES #6 / Guido Guidi, Jason Fulford, Gregory Halpern, Viviane Sassenand Lee Friedlander publisher:TBW BOOKS publication Date:2018 size:22.2x27.9 cm pages:44 pages each language:English condition:New.limited edition of 1,000 copies,hardcover cloth.4 books in a set
. /////他のシリーズはこちら///// SUBSCRIPTION SERIES #4 / Raymond Meeks Wolfgang Tillmans,etc ¥19,800 税込 https://bookobscura.com/items/60540aae9b47bf71e00901bc SUBSCRIPTION SERIES #5 / Mike Mandel, Susan Meiselas, Bill Burke and Lee Friedlander ¥19,800 税込 https://bookobscura.com/items/605409dffda3602e99323569 ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq