Neon Tigers Photographs / Peter Bialobrzeski (ピーター・ビアロブルゼスキ)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

Neon Tigers Photographs / Peter Bialobrzeski (ピーター・ビアロブルゼスキ)

¥9,900 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be Neon Tigers Photographs / Peter Bialobrzeski (ピーター・ビアロブルゼスキ) ドイツの写真家ピーター・ビアロブルゼスキさんが、バンコク、クアラルンプール、香港、上海、ジャカルタ、シンガポール、深圳などを周って、近未来の街の風景に取り残された街を撮っている作品がまとまった1冊。 情報量が詰まった広がりのある構図たち。画面の奥にはゲームの世界?とも思える近未来の建造物が立ち並び、いかにも人口の光を放っています。 そんなビル群の手前に写っているのは、土やらレンガで建てられた古き良きその国の瓦屋根のお家。 1枚の写真でおさまるこの構図をよく見つけたなという感心と共に、街が塗りつぶされていく感覚もあり、少し寂しい気もします。ですが、全体的に写真が眩しい印象で、まさしく人口の光に目が追いつかないようです。 密集された物の見方はさすがドイツ人。 Andreas Gurskyといい、密集したものを水平・平行に綺麗に撮るのが本当に上手過ぎます。 画面いっぱいに窓などびっしり詰まっていたり、並んでいると気持ちが悪くなったりしますが、なぜだか気持ちよく思えるのは、群衆の美しさを知っていて、やはりタイポグラフィーという文化があるドイツだなと思います。 写真の内容、光の明るさ、構図、全て考え尽くされたように思える写真集です。1枚の写真という部分でも、何枚も見せるという写真集という部分でも、とても勉強になる1冊でもあります。 ぜひお手に取って、何度も何度も読み返して1枚と1冊という楽しさを感じてみてはいかがでしょうか。 出版社:Hatje Cantz 刊行年:2004年 サイズ:30x24.5 cm ページ:109pp 言語:英語 状態:古書、ハードカバー title:Neon Tigers Photographs publisher:Hatje Cantz publication date:2004 size:30x24.5 cm pages:109pp language:English condition:Used-Good, Hardcover. ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq