original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/17

風知草 / 松井洋子(Yoko Matsui)

2,750円

送料についてはこちら

SOLD OUT

*店頭でも販売している商品となります。万が一ご注文の商品がお品切れ等の理由でお届けができない場合は、メールにてご連絡いたします。 For overseas customers|How to order http://bookobscura.com/news/5934167f428f2d39d701d9be 風知草 / 松井洋子(Yoko Matsui) 風は何を運び、どこへ飛んで行くのか。 植田正治さんの最後のお弟子さんになる松井洋子さんによる初の写真集は、島根県にある「琴ヶ浜」に両親を呼んで撮影した作品群がまとまっています。 「琴ヶ浜」は、海岸で倒れていたお姫様を救った村人に琴を弾いてあげたお姫様は突然お亡くなりになり、悲しみにくれていたら海から琴の音色が聞こえて来て、それから砂が鳴くようになったという伝説がある鳴き砂のある海岸だそうで、松井さんがお父様と最後に過ごしたのもこの「琴ヶ浜」だったそうです。 風に揺れ動く草、海風になびく髪、風の強さで雲が流れていく空、風は海岸の砂を運び防波堤に降り積もる。 言葉に出来ない思いを風に運んでいるのか、何かが風に乗ってやってきてほしいという願望なのか、最初はモノクロだった写真がカラーに変わって、海岸に静かにうちよる波が。 モノクロの作品たちは「記憶」を遡るようで、カラーは「琴ヶ浜」の伝説のように、悲しみにくれている時に海から琴の音が聞こえたように、松井さんがただただ海に耳を傾けているかのようです。 植田正治さんの背中に重なる松井さん自身の影の重なりの1枚も色々と考えさせられる1枚です。 出版社:蒼穹舎 刊行年:2005年 サイズ:24.8x20.2cm ページ:68pp 言語:日本語、英語 状態:古書、ソフトカバー、表紙汚れ有 title:kazeshirigusa publisher: Sokyu-sha publication Date:2005 size:24.8x20.2cm pages:68pp language: Japanese,English condition: Used-Good, Softcover ●発送日、送料、支払い方法はQ&Aより https://bookobscura.com/faq Update.10/20

セール中のアイテム